臨床検査科




臨床検査科では、血液検査・心電図検査の他、超音波検査では腹部・心臓はもちろんのこと下肢静脈瘤の検査を行い、血管ラボとしてABI(動脈系)、静脈血再還流時間(静脈系)などの測定をしています。
また、超音波検査は、頸動脈や他領域も施行しています。

検査機器のご紹介

フィブロスキャン

フィブロスキャンフィブロスキャンは肝臓の硬さを計測する機器です。
今までは、肝硬変の検査になりますと、入院し肝生検を行っていましたが、コンパクトな器機の導入により外来で簡単に検査ができるようになりました。

  肝生検 フィブロスキャン
侵襲性 あり なし
入 院 必要 不要
検査時間 約1週間 約5分
検査範囲 肝全体の約1/5000 肝全体の約1/500
診断手法 主観的な判断 客観的に数値で表示
頻回な検査 不可能 可能

パルスオキシメ-タ

パルスオキシメ-タ睡眠時を通して観測(データの記録)できる機器では、就寝中に呼吸が停止してSpO2が低下してしまう睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング診断に利用されます。

超音波検査(エコー)

超音波検査(エコー)超音波検査では、超音波を体にあて、その反射を画像化し臓器や組織の様子を調べます。
当院では、腹部、心臓、乳腺、甲状腺、血管エコーができます。

∧Top