病院概要


八木病院の歴史

福岡市東区馬出に開業して以来今日まで、良質・安全な医療の提供をしており、これからも目指していきます。

  • 寛永年間
    八木平左衛門
    八木家の祖は八木平左衛門吉宗。蜂須賀彦右衛門正勝(小六)に仕え慶長九年、黒田長政公に懇望されて四国より来福。
  • 貞享年間
    八木玄庵(初代)
    八木玄庵 八木家初代の医師、三代目藩主黒田光之公に仕える。
  • 大正年間
    八木猛雄(12代)
    九州大学医学部の前身である福岡医科大学講師を経て父祖伝来の地に「玄洋病院」を開設。
  • 昭和10年
    八木九州男(13代)
    旧病院を解体して、木造2階建の八木病院を新築(20床)。
  • 昭和28年
    結核病棟(90床)増設。一般30床で病床数計120床。
  • 昭和45年
    八木博司(14代)
    八木博司 九州大学温研(現 別府病院)外科助教授の任を辞し帰院。八木病院長へ就任、救急告示病院の指定を受ける。
  • 昭和46年
    高気圧酸素治療開始
  • 昭和58年
    大型高気圧酸素治療装置(KHO-301)導入。
  • 昭和61年
    第21回日本高気圧環境医学会総会を全国学々長として福岡で開催。
  • 昭和63年
    九州・沖縄地区高気圧環境医学懇話会発足。
  • 平成元年
    鉄筋6階建166床へ増改築。
  • 平成10年
    療養型病棟新設
    ケアミックスとしたため127床へ。
  • 平成19年
    特定医療法人として承認を受ける
    25対1療養病棟(39床)、10対1障害者施設等一般病棟(28床)、病床数7対1一般病棟(60床)

病院情報

診療科目

外科・整形外科・脳神経外科・内科・皮膚科・神経内科・胃腸科・循環器科・リハビリテ-ション科・放射線科・麻酔科(ペインクリニック)

認定・指定関係

  • 九州大学附属病院臨床研修協力施設
  • 救急指定病院
  • 開放型病院
  • 健保、国保、生保、労災、原爆被爆者、身体障害者福祉法
  • 身体障害者福祉法指定医療機関
  • 指定居宅療養管理指導医療機関
  • 健診(胃・大腸・肺)指定病院、産業医活動、
    人間ドック(全日病、建設連合、健康保険組合連合会・全国土木建築国保組合・日本病院会)指定病院

施設基準

  • 一般入院(10対1 54床)
  • 地域包括ケア入院医療管理料1(6床)
  • 療養入院(20対1 39床)
  • 障害者施設等入院料(10対1 28床)
  • 臨床研修病院入院診療加算
  • 救急医療管理加算
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算
  • 急性期看護補助体制加算(50対1)
  • 特殊疾患入院施設管理加算(障害者)
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 重症皮膚潰瘍管理加算
  • 医療安全対策加算2
  • 感染防止対策加算2
  • 退院調整加算
  • 救急搬送患者地域連携紹介加算
  • 救急搬送患者地域連携受入加算
  • 後発医薬品使用体制加算2
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  • 外来リハビリテーション診療料
  • 開放型病院共同指導料
  • 地域連携診療計画退院時指導料
  • がん治療連携指導料
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1
  • 在宅時医学総合管理料
  • 検体検査管理加算Ⅱ
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 大腸CT撮影加算
  • 外来化学療法加算2
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
  • がん患者リハビリテーション料
  • 集団コミュニケーション料
  • 医科点数通則5及び6
  • 医科点数通則16
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 輸血管理料Ⅱ
  • 輸血適性使用加算
  • 神経学的検査
  • 麻酔管理料Ⅰ

∧Top